歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


金属アレルギーの歯科治療 
 

 金属アレルギー患者の歯科治療の場合、アレルギーが認められる金属の使用を避けて治療することになります。し
かし、それが、意外と難しいのです。

 歯科で使われる金属は、多くの場合、合金の形で使用します。そのため、微量に含まれる金属まで含めると、いろい
ろな金属が混ざっているのです。(保険診療でよく用いられる主な金属の組成と用途を下表にまとめておきましたので、
参考にしてください)。これでは、「どの金属を選んだら良いのか?」困ってしまいます。

 そこで、岡永歯科では、「金属アレルギー患者の歯科治療において、できるだけ金属の使用を避ける」ようにしていま
す。ほとんどのケースで、セラミックやハイブリッド・セラミックを選択しています。そして、金属を使わなければならない
ケースでは、チタンを使うようにしています。チタンは、他の金属に比べてアレルギーが少ないようです。

金銀パラジウム合金

<組成>

金、パラジウム、銀、銅、その他。

<用途>

冠・ブリッジ、インレー、義歯(入れ歯)など。

銀合金第一種

<組成>

銀、錫、亜鉛、その他。

<用途>

インレー

銀合金第二種

<組成>

パラジウム、銀、インジウム、亜鉛、その他。

<用途>

冠・ブリッジ、インレー、コア。

その他の銀合金

<組成>

銀、銅、亜鉛、その他。

<用途>

コア、継続歯(差し歯)。

クロム合金

<組成>

ニッケル、クロム、モリブテン、その他。

<用途>

冠・ブリッジ、インレー、義歯(入れ歯)など。





 
戻る