歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 
 ホワイトニング
 ホワイトニングとは、きちんと清掃していても自然に着色してしまう歯ブラシなどでは除去することのできない歯の内部
に取り込まれた色素(タンパクなど)を歯科専用のホワイトニングジェルで分解・除去し、歯を白くする治療法です。

術前

術後

 <歯が白くなるメカニズム>


  @歯が変色した状態    Aホワイトニングによる色素の分解    B白くなった歯

@歯が変色した状態
 歯の内面に色素が多い、お茶、コーヒーなどの色素が長い間に歯の内部まで着色します。

Aホワイトニングによる色素の分解
 ホワイトニングジェルに配合された過酸化尿素には、歯を痛めずに染み込みながら内部の色素を分解する力がありま
す。

B白くなった歯
 色素が減って、白くなった状態です。

※ホワイトニング後の冠(被せ物)、充填物(詰め物)の色について

 ホワイトニングをしても、セラミックス・クラウンや硬質レジン冠、レジン充填などの冠(被せ物)や充填物(詰め物)の
色は変わりません。その理由は、前述のホワイトニングのメカニズムを考えると、容易に理解できると思います。そのた
め、審美的に気になるのであれば、ホワイトニング後に再治療することをお勧めします。

 
戻る