歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 
 セラミックインレーは、なぜ割れる?
 セラミックインレーをよくやるのですが、症例によっては割れるリスクが少なくありません。インレーには、単純と複雑が
あります。インレー単純は、、治療する歯と隣の歯の間を削らないでセットする詰め物です(下図の上)。それに対して、
インレー複雑は、治療する歯と隣の歯の間を削ってセットする詰め物です(下図の下)。どうも、大臼歯のインレー複雑に
割れるケースが多いようです。

 セラミックは、固くて、磨り減ったり、変色したりしないのですが、応力が加わって歪みが生じると割れやすい欠点があ
ります。そのため、セットする際には、接着力が強いレジンセメントを使います。多くの場合、歯に接着することで十分な
強度が保たれます。しかし、大臼歯のインレー複雑の場合、噛んだ時に強い力が加り、インレーに応力が働きます。そ
のため、大臼歯のインレー複雑は、割れやすいのです。
大臼歯のインレー複雑
 そこで、金属のフレームを作ってその上にセラミックを盛るのですが、このように全体を金属で裏装するとインレーと歯
の境目が黒くなってしまいます(下図の左)。割れにくくなるのですが、審美的には問題です。そのため、見える部分付
近を金属の裏装しないカラーレスにするように変えました(下図の右)。また、最近では、ジルコニアでインレーも作れる
ようになり、症例によってはジルコニアインレーを使っています。


 
戻る