歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 
被せ物・入れ歯の治療 

 歯を抜いたまま放置したり、むし歯を放置したりしていると、噛み合わせが
狂っていまうことがよくあります。そのような場合、いきなり被せ物や入れ歯
を入れると、後でトラブルになることが少なくありません。

 図1の患者様の場合、他の歯科医院で被せ物や入れ歯を入れたのです
が、噛み合わせが合っていなかったので顎関節症になってしましました。顎
関節症の症状(首や肩の痛み)に悩まされていたそうです。
         図1

 このような患者様の場合、仮の被せ物や入れ歯で経過を診てから最終的
な治療へ移るようにしないとダメですね。しかし、実際には、いきなり被せ物
や入れ歯を入れられ、後でトラブルになっています。保険制度の制約がある
ので仕方がないのかもしれませんが、そんなの医療ではないですよね。

 
 また、審美歯科も、同じような問題を抱えています。患者様の「前歯を治し
て欲しい」という希望も解りますが、奥歯を含めて噛み合わせを考えながら
治療しないと後でトラブルになります。前歯の歯並びがきれいになっても、噛
めなければ意味がないでしょう。



戻る