歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科



かみ合わせの治療は難しい 

 冠や入れ歯は、咬合器とiいう器械に歯型模型を付けて、生体のかみ合わせや顎の動きを再現しながら作ります。し
かし、それが難しいのです。


ブリッジのケース

部分入れ歯のケース
 正確に冠や入れ歯を作るためには、咬合器の正確な位置に歯型模型を付けなければなりません。ところが、下顎歯
型模型の位置がずれることが臨床ではよくあるのです。
 例えば、下図の患者様ですが、長期にわたる歯ぎしりが原因で歯が磨り減り、かみ合わせが狂ってしまいました。そ
のため、下顎の位置がずれて、正常な下顎の運動ができません。顎関節症も併発していました。このような患者様の
下顎模型を、咬合器上に正確に付けることは至難の業です。そこで、マウスピースで顎関節症治療の後、仮歯で経過
を診てから、最終的な冠や入れ歯を作りました。
左:術前 中央:マウスピース 右:術後
 歯を抜いたまま放置していた患者様、歯ぎしりをしている患者様などは、かみ合わせが狂い、下顎の位置がずれてい
る可能性があります。このような患者様は、かみ合わせの治療が難しいです。他院で入れ歯の治療をして顎関節症に
なり、当院を受診するケースも少なからずあるのです(下図)。

 
 
戻る