歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


 
 冠・ブリッジの治療の流
<診療室>

@歯型模型の作製
患者様の歯型を採った模型を診ながら、冠・ブリッジの設計などを検討します。

A歯の形成
歯を形成します。その際、冠・ブリッジの強度、噛み合わせの状況などに配慮します。また、ブ
リッジの場合は、歯が平行になるように形成しなければなりません

B型採り
歯の形成を終えた患者様の歯型を精密に採ります。

C噛み合わせを調べる
歯型模型で噛み合わせを再現するために、患者様の噛み合わせを調べます。


<歯科技工室>

@咬合器に噛み合わせを再現
患者様の噛み合わせの状態を再現するために、歯型模型を咬合器に付けます。

Aブリッジの作製
ロウで冠・ブリッジの形を作り、金属などに置き換えます。


<診療室>

@口の中に仮装着
冠・ブリッジを患者様に仮装着して、噛み合わせなどのチェックをします。

A装着
冠・ブリッジの適合や清掃性などをチェックしてから装着します。





 
戻る