歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 
 
いろいろな部分入れ歯

(1)歯が1本ない場合
     1本入れ歯
    この種の入れ歯は、主として2箇所の金属のバネで入れ歯を固定しているので、歯の状態によっては、金属の
   バネの固定が不十分になり、入れ歯が動くことがよくあります。バ ネがかかっている歯を結ぶ線を軸にローリン
   グしてしまうのです。そのため、金属のバネの設計と精度に技術と精度が必要となります。
    歯を削ることはないのですが、違和感が強く、入れ歯が動き、ブリッジと比べてあまり良く噛めないという欠点が
   あります。

(2)左右に歯がない場合
     金属の連結装置
    左右に分かれた入れ歯を1個にするために、金属の連結装置(バー)で連結します。  既成のものを曲げるとき
   と、鋳造して作る場合があります。既成のものは、安価で簡便ですが、適合性に劣っています。

   プラスチックの連結装置
    連結装置として、入れ歯と同じプラスチックを使う場合があります。適合性は良いので すが、強度に不安が残
   ります。入れ歯の真ん中あたりでよく割れることがあります。金属床にすれば、その欠点は解消されます。
    ※金属床入れ歯
     金属床の部分入れ歯

     プラスチックの連結装置
    お口を開けると、小臼歯の金属のバネが見えます。また、バネがかかっている歯に負担がかかり、歯を痛めるこ
   とがあります。そのため、設計と精度に技術と配慮が必要となります。

(3)前歯と奥歯に歯がない場合
   プラスチックの連結装置
    入れ歯の動きやバネがかかっている歯の負担などが異なり、極めて難しい入れ歯になっています。そのため、
   設計と精度に技術と配慮が必要となります。また、連結装置とし て、入れ歯と同じプラスチックを使っているので。
   強度に不安が残ります。入れ歯の真ん 中あたりでよく割れます。金属床にすれば、その欠点は解消されます。
 
 
 
戻る