歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


 
違和感の少ない総入れ歯 
 
総入れ歯は、歯がまったく残っていない患者様が入れる入れ歯です。総入れ歯の場合、歯肉
だけで入れ歯の維持を図らなければならないので、どうしても入れ歯が大きくなりがちです。そ
のため、違和感が気になる患者様が多いようです。
    
  歯がまったく残っていない上顎

    プラスチック製の入れ歯

患者様から「入れ歯を薄く、小さくして欲しい」とよく言われるのですが、総入れ歯の構造上、そ
の要望に答えるのは難しいです。理由は、以下の通りです。

@総入れ歯を小さくする
総入れ歯をあまり小さくすると、安定が悪くなり、入れ歯が動き、パカパカ外れるようになりま
す。これは、総入れ歯が、歯肉だけで維持を図っている以上、避けられないものです。

A総入れ歯を薄くする
プラスチックの総入れ歯を薄くすると、材料の強度の関係で割れやすくなります。そのため、プ
ラスチックの総入れ歯は、薄くできないのです。
どもうして薄くしたい場合には、金属床の総入れ歯にすると良いと思います。
   
  金属床の総入れ歯

 
 
戻る