歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


口腔と顎の構造

 口腔と顎にできる病気を理解するためには、この部分がどのような構造になっているかを理解す
る必要があります。


 口は、消火器の始まりにあたり、口腔は咽頭へと続きます。口腔は、上顎と下顎のアーチ型をした歯列
を境に、内側の固有口腔という部分と、外側の固有前庭とに分かれています。

 固有口腔の天井は、口蓋です。前方の硬い部分が硬口蓋、後方の筋性で柔らかい部分が軟口蓋です。
そして、軟口蓋の先端は、口蓋垂という尖った部分になります。口蓋は、鼻腔と口腔の境になっています。
固有口腔の下の部分には舌があり、さらにその下には口底があります。

 口腔の内膜は、口腔粘膜で覆われています。このうち、歯のまわりを覆っている部分を歯肉と言い、咀嚼
による摩擦に耐えられるように角化が強くなっています。

 舌は、筋肉の塊といってもよい組織で、背面にはビロード状をした多数の舌乳頭という細かい突起があり
ます。乳頭には、味を感じる味蕾という受容器があり、味覚神経が分布しています。舌先の下と口底との間
には帯状のすじ(舌小帯)が縦に走っています。

 口腔の周囲には、耳下腺、顎下線、舌下線という3対の大きな唾液腺があり、それぞれ唾液を作っていま
す。唾液の量は、1日1.5リットルにも達します。口のなかには、その他にも多数の小さな唾液腺(小唾液
腺)が分布してます。

唾液腺


 上顎は、ほぼ上顎骨からできています。そして、下顎は独立した下顎骨であり、両側の先端部は側頭骨
とともに顎関節を形成し、顎を動かす支点となっています。ヒトの関節のなかで顎関節ほど複雑な運動をす
る関節は他にありません。そのため、下顎骨に付着する筋肉による協調作業が必要です。何らかの原因
で、この協調がくずれると、顎関節症という病気を起こします。

上顎骨と下顎骨