歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


顎関節症・咬合病


顎関節症・咬合病とは

 咬合関連の疾患としては、顎関節症が有名です(歯科では、噛み合わせ
のことを咬合と呼んでいます)。顎関節症と診断される症状には、3つの大
きな特徴があります。

@ 大きく口を開けようとすると、顎の関節の周囲に痛みが走ります。

A 口を開けるときの動きがスムーズにいかず、途中でひっかかたり、横に
ずれたりします。

B 口を開閉するときに、顎の関節にカックン、ジャリジャリなどといった雑
音がします。

  このような顎関節症を含めて歯と咬合のずれによって起こる疾患を、咬合
病と呼んでいます。発症のメカニズムのポイントは、顎関節よりもむしろ、上
下の顎の位置にあります。咬合がずれると、筋肉や骨格に歪みが生じ、生
体力学的なバランスがくずれます。そして、引き起こされるさまざまな症状
は、顎関節周辺だけではなく心身全体に及んでいます。

                

咬合病で見られる症状 

 歯科関連の症状としては常識では考えられないこととは思いますが、咬
合病の症状としては、以下のようなものがあります。

            

顎関節症・咬合病の治療
顎関節症・咬合病の場合、脊椎矯正をしてから顎関節の治療を行ないま

す。よって、顎関節のみを治療することはありません。

 脊椎矯正については、首・肩の痛み、腰・臀部の痛みのところと内容が重
複するので、ここでは説明を省略します。顎関節を中心とした治療の説明を
します。

物理療法

 顔面部に赤外線を照射した後、圧痛点を参考にして低周波治療を行ない
ます(圧痛点は、筋肉の起始端が多く、ツボやトリガーポイントと一致してい
る場合が多いです)。

       低周波治療

     

        顔面部の圧痛点とツボ

顎関節のストレッチ 

 顎関節に対して、筋エネルギーテクニックなどのストレッチを行います。カ
イロプラクティックにも、顎関節の矯正テクニックがあるのですが、ほとんど
のケースに筋エナルギーテクニックが有効なので、筋エネルギーテクニック
をファーストチョイスにしています。

    筋エネルギーテクニックの治療例

顎関節の矯正

 顎関節のストレッチをした後、必要に応じて顎関節の矯正を行います。私
見ですが、口腔外科で習った顎関節のストレッチよりも、カイロプラクティッ
クの矯正の方が効果的だと思います。                

     顎関節の矯正

顎関節症・咬合病のエクササイズ
顎関節の運動に関連する主な筋肉は、咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側

翼突筋の4つの筋肉で、それらは咀嚼筋と呼ばれています。顎関節に問題
があり、開口障害など下顎の運動障害が認められれば、それらの筋肉
に対
してストレッチをします

@  咬筋のストレッチ
開口して15秒ほど保持したの後、ゆっくり元へ戻します。
咬筋のストレッチ
A  顎関節と閉口筋のストレッチ
開口障害がある時は、指を使ってストレッチをします。
顎関節と閉口筋のストレッチ

 
戻る