歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 


障害者歯科の現状  認知症患者の歯科治療  咀嚼・嚥下障害
<認知症患者の歯科治療>
歯を治す意義    レベル別に見た治療    原因疾病別治療

認知症患者の歯科治療

 

 

 

 

    認知症患者の歯を治す意義

 

 

 

認知症患者の歯を治す意義?

 

 

第25回保団連医療研究集会のシンポジウム「認知症高齢者の介護と人権」に参加して、歯科医師として考えさせられました。

認知症の人と家族の会の勝田登志子氏によれば、認知症の患者様が認知症以外の病気に懸かって治療を受ける場合、受け入れてくれる医療機関を探すのが大変だそうです。この問題は、歯科医師としても無視できない問題です。

幸い、私の診療所は、心療歯科に長く取り組んできた実績もあり、認知症の患者様を受け入れることは充分可能だと思います(ただし、ご家族などの付き添いで通院可能な患者様に限って、予約診療で対応させていただきます)。

よく、「認知症なのだから、歯なんか治さないで良い」と言う方がいらっしゃいますが、ほんとうに、そうなのでしょうか。確かに、重症化した認知症の場合、治療が困難かもしれません。しかし、治療ができる状態ならば、治療した方が良いと思います。認知症にも良い影響がありますから(介護予防の観点からも、お勧めします)。

@   「噛む機能が維持されている高齢者の方が、認知症になりにくい」という報告があります。噛む機能に問題がある高齢者は、認知症になるリスクが高いようです。

A   「残っている歯が多い高齢者の方が、認知症になりにくい」という報告があります。歯がないまま放置している高齢者は、認知症になるリスクが高いようです。

B   「口腔ケアをした方が、認知症の進行が遅い」という報告があります。

歯科だけでなく、介護予防の観点からも、認知症の患者様に歯科治療を受けることをお勧めします

 

 

悩み相談