歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 


障害者歯科の現状  認知症患者の歯科治療  咀嚼・嚥下障害

障害者歯科の現状

 

 岡永歯科における障害者歯科          

 
障害者のお口の中の状況 
 
  比較的、施設や過程での口腔ケアが行き届いている場合、むし歯や歯周病の状態は普通の人と変わりません。しかし、多くの場合、むし歯や歯周病が多く、しかも進行しています。
 
 
 
●傷害者歯科の特殊性 
 
  障害者は、機能や運動の障害、社会的ハンディキャップのため、通常の歯科治療を受けるのが困難なのが実情です。その原因としては、以下のようなことが考えられます。
 

@患者様の理解またはコミュニケーション能力
 患者様の理解またはコミュニケーションに問題がある場合、患者様の協力が得られず、歯科治療を受ける際の障害となることがあります。その場合、岡永歯科では、ご家族も交えて十分に話し合い、個々の患者様の心理と行動に配慮した治療を心がけるようにします。
 特に、知能や情緒のために歯科治療が受けられない患者様には、行動療法などの心理療法を併用することもあります。

A患者様の運動機能
 脳性まひの患者様のように運動機能に問題があると、歯科治療を受ける際の障害となることがあります。そのような場合、岡永歯科では、治療する姿勢などを調整してリラックスした状態で歯科治療ができるように工夫します。

B患者様の健康の問題
 患者様に健康面の問題があるため、歯科治療にリスクがあることがあります。そのような場合、医学的に管理しながら安全に歯科治療をしなければなりません。岡永歯科では、かかりつけの医師と連携して歯科治療をします。
 しかし、歯科診療所では、設備とスタッフの面で対応できないケースもあります。その場合、東京歯科大学市川総合病院、習志野済生会病院などの歯科・口腔外科を紹介しています。

 
※精神鎮静療法・全身麻酔
  精神鎮静療法あるいは全身全身麻酔で歯科治療を行なう必要がある患者様は、入院施設のない歯科診療所では対応できません。そのため、岡永歯科では、東京歯科大学市川総合病院、習志野済生会病院などの歯科・口腔外科を紹介しています。
 
 
悩み相談