歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 


歯ぎしりによる歯周病

ストレスやかみ合わせの影響で、激しい歯ぎしりをする患者様がいます。そのような患者様の
場合、強く噛み合って過剰負担になっている歯は、歯周病が重症化する傾向にあります。



                


この患者様の場合、大臼歯で食いしばっているため、左右の大臼歯に骨の吸収が認められ、
歯周病が進んでいます。このような場合、スプリント(プラスチック製の馬蹄形の装置)を入れ
て歯ぎしりの治療をしないと、歯周病の進行が治まりません。



                  


歯ぎしりの患者様の場合、開口障害などを併発していることもあり、歯磨きが難しいのです。
そのため、大臼歯が汚れがちで、歯周病を重症化させやすいです。岡永歯科では、開口障
害などに対して積極的にリハビリを行っています。



            


岡永歯科では、歯ぎしりの治療に積極的に取り組んでいるので、安心してお任せください。




 
 ,悩み相談