歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 

インプラント  顎関節症治療  レーザー治療   むし歯治療

顎関節症治療最前線


 最先端医療に対する私見

             

 

 顎関節症の高度先進治療について、私見を述べさせていただきます。岡永歯科において、顎関節症や歯ぎしりなどの治療を受ける際の参考になるかと思うからです。ただし、口腔外科の専門病院ではない岡永歯科では、顎関節の外科手術に対応できません。現在、顎関節症治療の主流が保存療法になっていることもあり、外科手術についてのコメントは差し控えさせていただきます。

 顎関節症を冠やブリッジなど歯科捕綴治療によって治す高度先進治療を、岡山大学、徳島大学が行っています。この治療は、オーラルリハビリテーションと呼ばれるもので、顎関節症や歯ぎしりなどの治療に用いられています。歯と歯との関係のみをかみ合わせの基準としていた従来の治療と異なり、オーラルリハビリテーションではかみ合わせの基準を頭蓋と下顎の関係にまで拡大し、かみ合わせの治療をより大きな視野からアプローチしようとしています。しかし、かみ合わせに関する理論と治療法は、研究者によって種々異なっており、確立したものがありません。しかも、私の臨床経験では、顎関節症や歯ぎしりの患者さんにカイロなどの理学療法を行うと、治療の過程で頭蓋と下顎の関係が変化し、かみ合わせにずれが生じてくる現象が多く観察されています(日本顎咬合学会に発表)。よって、オーラルリハビリテーションで顎関節症や歯ぎしりなどを治療するのは、かなり難しいことなのです。顎関節症や歯ぎしりなどの治療をしてみると、かみ合わせが不安定でかみ合わせの基準が見つからない患者さんが多いです。正しいかみ合わせの基準でオーラルリハビリテーションをしないと、かえって悪くなることすらあります。

顎関節症や歯ぎしりなどの患者さんにカイロなどの理学療法を行うと、歯ぎしり治療用のマウスピースの調整が必要となります。この現象は、頭蓋と下顎の関係が変化し、かみ合わせにずれが生じたたことを意味しています。

 

 

 

 

R

下顎が右側方に移動して、右側の犬歯・臼歯部分が強くかみ合うようになりました。
   

 

 

 

 

A

下顎が前方に移動して、前歯部分が強くかみ合うようになりました。
   

 

 

 

 

L

下顎が左側方に移動して、左側の犬歯・臼歯部分が強くかみ合うようになりました。

 そこで、問題となるのは、かみ合わせの基準を決めることです。聴力検査によってかみ合わせの基準を決める高度先進医療を、日本大学(松戸歯学部)が行っています。最近の研究で、かみ合わせに異常があり、頭蓋と下顎の関係にずれが生じると、聴力障害が起こることが解ってきました。それを利用してかみ合わせの基準を決めようというのが、この治療法です。岡永歯科でも、この治療法を採り入れ、総合的なかみ合わせの診査を行っています(関連記事は、ここをクリック!)。

 しかし、よく冷静になって考えてみてください。頭蓋と下顎の関係をどのように調整するかについて、具体的な説明が何もありませんでしたよ。実際にオーラルリハビリテーションを行うのであれば、この問題を避けて通れないはずですがね。岡永歯科ではカイロなどの理学療法で頭蓋と下顎の関係を調整していますが、そのような治療をしている国内の大学はありません。これは、歯科医学の盲点かもしれません。大学の閉鎖性により、医学部と歯学部の交流が少ないため、「歯科医学の常識が、医学の非常識」となってしまったのです。頭蓋と下顎の関係を筋肉の状態を含めて考えて治療するのであれば、理学療法を行うのが自然のことだと思うのですが・・・。関節の運動は、骨格と筋肉によってなされているのだから。関連記事は、ここをクリック!