歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 
最新のむし歯治療               むし歯治療と健康被害?
金属アレルギーの歯科的アプローチ  リラックス治療

むし歯治療と健康被害?

 

患者様の質問

 むし歯治療と健康被害? 

 

むし歯治療と健康被害?

 昨年、「口の中に潜む恐怖」という本が翻訳され、患者さんから「私の口の中にアマルガムがありますか?」、「アマルガムがあると、水銀中毒になってしまうのですか?」等と相談されるようになりました。私も、その本を読みましたが、アマルガムに関して少しヒステリックになりすぎているように感じてなりません。確かに、アマルガムには水銀が含まれていますが、それらの水銀が多量に溶け出して体内に吸収され、水銀中毒になるとは考えにくいのです。事実、アメリカ医師会は、「READER’S GUIDE TO ALTERNATIV HEALTH METHODS」の中で、“アマルガムによる水銀中毒の危険性を理由にアマルガムを除去することについて”疑問視しています。私も、同意見です。



 


 しかし、「アマルガムは、まったく安全な材料か?」というと、そうとも言いきれない側面もあります。

アマルガムは、他の金属と比べて金属アレルギーになりやすいようです。島津恒敏医師は、平成13年の水銀国際会議で「アマルガムとアトピー性皮膚炎の関係」について発表しています。アマルガムを除去して他の金属やレジン(合成樹脂)に替えたところ、1年後には約70%が改善したそうです。

 また、アマルガムは、パラジウム合金(健康保険で一般的に広く使用されている金属)に接触すると、マクロガルバニー電池腐食作用によって、対粘膜間や金属間で起電力が発生すると、アマルガムの成分である水銀イオンやパラジウムイオンが溶解します。そして、それらは、体内に取り込まれて蓄積していくことになります。

 そのような観点から、私は、アマルガムを健康リスクの高い材料と考え、使用していません。
 
 それでは、アマルガムの代わりに、他の金属やレジンを使えばよいのでしょうか。単純に、そうとも言いきれないようです。金属アレルギーのことを考えるならば、金属の使用をできるだけ避けたいです。歯科で用いている金属は、合金の形で使われています。「金だから大丈夫!」とは限らないのです。

 そこで、私は、アマルガムの代わりに、ハイブリッド・セラミックスやオール・セラミックスなどを使うことにしました 。

 
 
悩み相談