歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

金属アレルギーと保険診療

 

患者様の質問

 

 

 保険診療でできる歯科治療の範囲

 

 

保険で、金属の歯を外すことはできます。しかし、その後の治療が問題です

@レジン(プラスチック)しか使えないので、ブリッジや大臼歯のクラウンは無理です。

A使用できる金属は、12%金銀パラジウム合金、銀合金とニッケルクロム合金だけです。

 ※  岡永歯科は、無料・低額診療実施医療機関の指定を受けていますので、経済的理由で治療を受けられない患者様は受付までお申し出ください。

インレー(詰め物)

部  位

保 険 適 応

前  歯

レジン(プラスチック)

小  臼  歯

レジン(プラスチック)

大  臼  歯

レジン(プラスチック)


クラウン(被せ物)

部  位

保 険 適 応

前  歯

硬質レジン(プラスチック)

小  臼  歯

CAD/CAM冠(ハイブリッド)

大  臼  葉

 CAD/CAM冠(ハイブリッド


ブリッジ(固定式の入れ歯)

部  位

保 険 適 応

前  歯

硬質レジン(プラスチックと金属)

小  臼  歯

金    属

大  臼  歯

金    属


<注意>

1) 水銀あるいはニッケル、コバルト、クロムのみのアレルギーの場合には、金銀パラジウム合金の使用が可能です。しかし、スズやパラジウムにアレルギーがあると、金銀パラジウム合金の使用ができません。

2) 保険で用いられている硬質レジン(プラスチック)は、柔らかく、破折や磨耗が多く、材質的に問題があります。そこで、岡永歯科では、審美性に拘らない金属アレルギーの患者様に限り、前歯・小臼歯のハイブリッドセラミックスクラウンを保険にて提供しております(ブリッジは、金属を使用しなければならないので除きます)。ただし、歯型を採ってからセットするまで2週間ほど必要で、グラディアになります(中国産ではありません)。


※ 医師による金属アレルギーの診断が必用です。 


 
自費治療