歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


心療歯科とは       歯科心身症        舌の痛み
口臭            顎関節症・咬合病     雑誌紹介記事

心療歯科

                            <患者様の質問><顎関節症のカイロプラクティック

 顎関節症・咬合病

  


● 顎関節症・咬合病

 

 咬合関連の疾患としては、顎関節症が有名です(歯科では、噛み合わせのことを咬合と呼んでい
ます)。顎関節症と診断される症状には、3つの大
きな特徴があります。

@ 大きく口を開けようとすると、顎の関節の周囲に痛みが走ります。

A 口を開けるときの動きがスムーズにいかず、途中でひっかかたり、横ずれたりします。

B 口を開閉するときに、顎の関節にカックン、ジャリジャリなどといった雑音がします。

        

 このような顎関節症を含めて歯と咬合のずれによって起こる疾患を、咬病と呼んでいます。発
症のメカニズムのポイントは、顎関節よりもむしろ、
上下の顎の位置にあります。咬合がずれると、筋
肉や骨格に歪みが生じ、
生体力学的なバランスがくずれます。そして、引き起こされるさまざまな症
は、顎関節周辺だけではなく心身全体に及んでいます。

 

● 咬合病で見られる症状

 

 歯科関連の症状としては常識では考えられないこととは思いますが、咬合病の症状としては、以下
のようなものがあります。

           


● 咬合と聴力

 

 最近の研究で、聴力が顎の運動に対応して、即時、変化することが解ってきました。その結果、咬
合機能の良否を聴力で数値的に判定できるよう
になりました。悪い咬合状態では、周波数による差や
左右差の多いバラバ
ラなグラフになります。

        

             125〜250ヘルツ・・・大臼歯部に対応

            500〜2000ヘルツ・・・小臼歯部に対応

           4000〜8000ヘルツ・・・前歯部に対応

 

● 岡永歯科の治療方針


 このようなケースは、噛み合わせしか診ない従来の歯科治療では治療が困難です。治療して、かえ
って悪化させることも少なくありません。そこで岡永歯科は、歯科の噛み合わせの治療の他、カイロプ
ラクティックなどのリハビリや心理療法などを併用した総合的な治療を行っています。

  

                               
                               
                               悩み相談