歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


心療歯科とは       歯科心身症        舌の痛み
口臭            顎関節症・咬合病     雑誌紹介記事

心療歯科

患者様の質問

 口臭


世の中が平和になると全体に清潔志向が強まり、女子高生などは髪のにおいを嫌って毎朝シャンプーして髪の毛を洗うこともあるらしいのです。このような傾向を反映してか、口臭を気にして来院する患者様が激増しています。この病気は、歯科医師側から見るととるにもたらない症状であっても、患者様にとっては社会的存在を許されるか否かというほどの深刻な問題となることがあるのです。口臭という症状の裏側には、心の病気が隠されていることがあります。

           


● 口臭とは?

口臭をはっきりと定義することは容易ではありません。以前は、口腔の疾患に由来する狭義の口臭と、内臓疾患に由来して口腔から放出される臭気症としての口臭に大別されていました。しかし、最近では、口臭の原因がなんであれ、口腔を通して排出される多角的に不快なにおい(悪臭)を総称して口臭と呼んでいるようです。


● 口腔疾患による口臭

他人にもわかるほど口臭がある患者様の8割以上は、口腔内に原因があるといわれています。その主な原因は、むし歯と歯周病です。この他に、不潔な入れ歯による臭気、ドライマウス(口腔乾燥症)で口腔内が不潔になって起こる口臭なども、口腔由来の口臭です。

このような口臭は、歯科治療を受け、歯磨きなどで口腔内を清潔に保つだけで消えることもありますが、洗口剤や口臭除去剤を併用すると良いでしょう。


● 口腔疾患以外の口臭

口腔疾患以外の原因でおこる口臭には、鼻か喉、食道や胃の病気、肺の病気などが考えられてきましたが、これらの疾患が真の口臭の原因となることは稀です。しかし、口腔疾患を治療しても口臭が気になる患者様も少なからずいらっしゃいます。このような患者様の場合、口腔疾患以外の原因も考えられるので、前述のような歯科治療の他に、黄連湯や半夏心瀉湯などの漢方治療を併用します。


● 自臭症

口臭を訴えて来院される患者様の中には、特に医学的な異常所見がなく、口腔内が清潔で、客観的に口臭が認められない方がいらっしゃいます。このような患者様を自臭症といいます。実際には、口臭を訴える患者様の8割以上は、自臭症です。現在では、自臭症は心身症に含まれています。

自臭症の治療は、カウンセリングや自律訓練法などの心理療法、黄連湯や半夏瀉心湯などの漢方治療を併用します。


● 口臭の検査

本当の口臭は、悪臭として他人が感じるものをいいます。そのため、診断には、口臭を客観的に評価しなければなりません。

当院では、歯科医師と歯科衛生士が20〜30センチくらいの距離で口臭の有無を確認しています。口臭測定器もありますが、簡便なため精度と再現性に乏しいみたいです。そのため、このような方法を採っています。

 

 

悩み相談