歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

介護予防     お口のケア   リハビリ    むし歯
入れ歯        噛み合わせの治療とその意義 診療料金 

介護予防・訪問歯科診療

 

 患者様の質問

 

 

    噛み合わせの治療とその意義                

 

 

 

老人のかみ合わせを治す意義?

 

 

「寝たきりの老人に入れ歯を入れたら、立って歩いた」と自慢げに言う歯科医によく出合います。ほんとうに、そうなのでしょうか。確かに、介護予防の分野では、入れ歯を入れることは重要です。そのこと自体を否定するつもりはありません。

まず、入れ歯を入れることで、食生活が改善します。入れ歯がない状態では、うまく咀嚼したり、嚥下したりできないので、どうしても偏食になりがちです。そのため、栄養の面で問題が生じます。「戦の前の腹ごしらえ」ではないですが、食べる物も満足に食べられない状態では、何をやっても駄目なのです。食生活が改善されれば、体力も回復します。

そして、入れ歯を入れることでかみ合わせが決まり、姿勢を改善することができます。咀嚼・嚥下障害の老人を見ていると、マッケンジーで言う0%姿勢(ひどい猫背)の方が実に多いのです。これでは、嚥下もしづらいし、腰にも負担がかかります。この姿勢は、辛いでしょうね。

また、老人が入れ歯を入れることで顔の表情が変り、老人の社会性が改善します。それにより、老人が意欲的になり、行動も積極的になります。社会性を失った老人は、うつ状態になり、引きこもりの生活になってしまいます。老人の社会性を回復させることは、介護予防の観点から見ると実に重要なことなのです。

ここまでお話しすると、もうお解かりのことと思いますが、入れ歯によって、老人の全身状態が、リハビリを進めていく環境に整えられたのです。このことは、実に重要なことなのです。後は、カイロプラクター、理学療法士、あんま・マッサージ・指圧師などの出番です。@可動性が失われた関節のモビリゼーション、A衰えた筋肉の筋力アップトレーニング、B機能的トレーニング(食べる機能、歩行などの訓練など)と計画的にリハビリを進めていけば良いのです。そうすれば、老人はきっと自立していくと思いますよ。

岡永歯科では、付属の治療院、岡永顎咬合整体研究室を併設し、顎関節症などのリハビリにカイロプラクティックなどを併用して実績を上げてきた経験があります。介護予防の分野でも、リハビリのお役に立てると思いますよ。

最後に念のためにまとめておきますが、寝たきりの老人が、入れ歯を入れたから立って歩けるになったのではありません。立って歩けるようになるのには、その後の計画的なリハビリが大切なのです。しかし、入れ歯を入れずにリハビリだけをしても、決して良い結果にはならないと思います。

 

     
   
悩み相談