歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

介護予防     お口のケア   リハビリ    むし歯
入れ歯        噛み合わせの治療とその意義 診療料金 

介護予防・訪問歯科診療

 

 患者の相談

 訪問歯科診療と入れ歯治療

● 入れ歯のトラブル


 時々、「入れ歯で噛めない」と患者様から相談されます。よく診ると、合わない入れ歯を使い続けている患者様が多いことに驚かされます。

<こんなトラブルを経験したことはありませんか?>

1)入れ歯の手入れを怠ると

@口臭がひどくなったりします。
A歯周病や義歯性の口内炎になることがあります。
B隣の歯がむし歯や歯周病になることがあります。
C不衛生のまま放っておくと、隣の歯をむし歯や歯周病で失うこともあります。

  入れ歯を不衛生にしていると、口臭や歯周病の原因になります。また、口腔内最近による肺炎に感染する恐れさえあります。

2)入れ歯がぴったり合っていないと

@よく噛めなくなり、食事が楽しめなくなった。
A消化吸収能力が低下したり、胃に負担がかかるようになった。
Bはっきり発音できなくなった。
C頭痛、肩こり、腰痛に悩むようになった。
  入れ歯の噛み合わせが悪いと、日常生活が快適でないばかりか、老化や痴呆につながることもあります。

そのようなことのないように、入れ歯をいつも清潔に保ちましょう。また、快適に生活するためには、「噛み合わせ」が大切です。快適に噛んで食べるためには、歯科医に定期的に診てもらいましょう。自分で削ったり、曲げたり調整しないようにしましょう。

岡永歯科では、快適な生活をサポートするため、できるだけ低価格(市場価格の半額)でより良い入れ歯を提供できるように努力しています。元気なうちに、入れ歯の治療をしておくことをお勧めします。訪問歯科診療では、入れ歯の調整や修理はできますが、診療室のような本格的な治療は難しくなります。

  

● 金属床(90,000円より)

 金属床の入れ歯は、保険のプラスチックの入れ歯と比べて厚みが薄くて違和感が少なく、しかも丈夫な利点があります。
 コバルトクロム合金の金属床ならば、90,000円(他院の半額)で入ります。ただし、歯の色は選択できますが、歯肉の色は決まっています。よって、より審美的な入れ歯を希望される患者様には、後述のチタン合金の金属床をお勧めします。

金属床の総入れ歯(上顎)

一方、チタン合金の金属床は、180,000円かかりますが、軽くて生体親和性の良い素材です。そして歯だけでなく、歯肉の色も選択できます。よって、金属アレルギーの患者様や審美的な入れ歯を希望される患者様にお勧めです。
※ コバルトクロム合金の金属床総入れ歯の場合、保険(特定療養費制度)を使用すると、約47,000円程度の差額をお支払い頂くだけで金属床の総入れ歯ができます。

● 磁性アタッチメント(1箇所30,000円)

 歯が少なくなってケースの入れ歯の主な処置として、磁性アタッチメントがあります。
保険の入れ歯で用いられるコーピングと比べ、入れ歯がより安定して良く噛めるようになります。

@ コーピング

コーピング

金属を歯の根っこに入れることで入れ歯を維持しますが、横の力には弱く、
入れ歯がはずれやすい欠点があります。

@ 磁性アタッチメント

磁性アタッチメント

磁石を歯に付けることで入れ歯の安定性が向上し、入れ歯がはずれにくくなり、良く噛めます。

磁性アタッチメントの入れ歯


● ナチュラルデンチャー(90,000円)

 ナチュラルデンチャーは、金具を使用しない自然な入れ歯で、フィット感に優れた自然な
装着感が得られる入れ歯です。
また、素材に柔軟性があるため、破折しにくいという長所もあります。

ナチュラルデンチャー



悩み相談