歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

よくある相談

患者様の質問

 

 

 よくある相談とその対処・・・質の高い治療を求めて

 

                            関連ページ・・・ 歯科技工から見たトラブル

       保険診療の範囲/安い自費の秘密/治療と料金/治療の流れ/治療例/よくある相談


 患者様から寄せられた審美歯科に関する主な相談と岡永歯科の対応について紹介します。岡永歯科で治療を受ける際の何らかの参考になると思います。

 

質問1)被せたセラミック冠が不自然なのですが・・・?

 色は見本があるので、選択が誤っていない限り問題となることは少ないです。どちらかと言うと、形態が問題となることが多いようです。

岡永歯科では、そのようなことがないように、仮歯の段階で既に形態をチェックしています。冠の形態は、審美的な問題だけでなく、機能的にも重要です。ですから、事前に仮歯でチェックする必要があるのです。そして、セラミック冠を仕上げる前に、ロウの歯で完成時の形態を再現して最終チェックをしています。このように治療すると、治療期間が長くなりますが、トラブルは減ります。

 

質問2)歯並びが気になるのですが・・・?

 歯並びを治す方法には、矯正治療の他に、歯を削って冠やブリッジをする補綴治療があります。

 矯正治療は、歯を削りませんが、矯正装置をお口の中に入れて治療しなければなりません。治療も、数年かかります。

 一方、補綴治療は、歯を削り、冠やブリッジを入れなければなりません(場合によっては、神経を抜く必要もあります)。しかし、治療は短期間ですみます。

 いずれも長所と短所があり、患者様の考え方次第だと思います。岡永歯科では、どちらにも対応できます。

質問3)セラミック冠を被せた歯がしみるのですが・・・?

 神経を抜かないでセラミック冠を被せると、歯がしみることがあります。オールセラミックの方がメタルボンドよりも歯を削る量が多いので、しみることが多いです。

 しかし、その場合も、ツンとした一過性の冷水痛ならば、ほとんど問題ありません。仮付けまたは本付けして経過を診ているうちに、治ってしまうことが多いです。すぐに神経を抜く必要はありません。

質問4)セラミックインレーにフロスが引っかかるのですが・・・?

 歯と歯の間にまで及ぶセラミックインレーによく見られるトラブルです。セラミックインレーは、強度が弱くインレーをはずす時に割れやすいので、仮合わせするのも経過を診るために仮付けするのも難しいのです。そのため、歯と歯の間にまで及ぶセラミックインレーは、調整が難しく、合わないことが多いです。

そこで、岡永歯科では、歯と歯の間にまで及ぶセラミックインレーを、オールセラミックからメタルボンド(カラーレス)に変更しました。それにより、十分な強度が確保されて割れなくなりました。そして、念入りな調整が可能になり、精度も向上しました。

従来のメタルボンドインレーは、歯とインレーの境目にメタル(ブラックマージン)が認められ、審美的に問題がありました。その問題をカラーレス加工することで解決しました。

質問5)セラミックインレーが割れたのですが・・・?

 歯と歯の間にまで及ぶセラミックインレーやかみ合わせの面を広く覆うセラミックアンレーによく見られるトラブルです。インレーに使うセラミックは、ジルコニア等と比べて強度に問題があり、強いかみ合わせの力がかかると割れやすいようです。

そこで、岡永歯科では、そのようなセラミックインレーを、オールセラミックからメタルボンド(カラーレス)に変更しました。それにより、強度が向上し、割れなくなりました。また、インレーブリッジも可能になりました。

従来のメタルボンドインレーは、歯とインレーの境目にメタル(ブラックマージン)が認められ、審美的に問題がありました。その問題をカラーレス加工することで解決しました。

質問6)根だけしか残っていないのですが、冠を被せられますか・・・?

はずれた差し歯を再セットした歯科医に患者様が「今ごろ、差し歯なんかするの?」と言われたそうです。今は、差し歯よりもコア(土台)の上に冠を被せることが多いですが、差し歯が決してダメな訳ではありません。ところで、医療技術が随分進みました。昔であったならば歯を抜いていたようなケースでも、冠を被せることができるような場合がかなり増えてきました。

そこで、岡永歯科では、根だけしか残っていないようなケースに対して、ソフトレジン根管充填システムとレジン築造を併用するようにしています。そうすることにより、根の治療完了時に詰める根管充填剤とレジンコアが一体化して、歯からはずれにくくなりました。従来の方法と比べて、歯が割れたり、冠がはずれたりするトラブルが減りました。

質問6)ラミネートベニアがはずれた・・・?

はずれたラミネートベニアを再セットした歯科医に患者様が「切縁や象牙質まで削るから脱離するのだ!」と言われたそうです。その患者様は、歯の色に拘っていました。そのため、ラミネートベニアに厚みが必要で、切縁や象牙質まで削らなければなりません。しかし、はずれたことのみが悪く言われることがほとんどです。

そこで、岡永歯科では、はずれにくいラミネートベニアを目指し、切縁を残して削るように変更しました(もちろん、ピンホールやグルーブ等、維持を考えて削ります)。このように削ったラミネートベニアは、確かにはずれにくいです。しかし、削る量が少なく、ラミネートベニアの厚みも薄いので、色調面では問題が残ります。色調のマイナーチェンジしかできません。そのため、形態や色調に拘るケースは、セラミック冠の方が良いかと思います。

質問7)セラミック矯正とは、どのような治療ですか?
 最近、ある医療機関がセラミック矯正という治療法のCMをしています。セラミック矯正に興味を持たれた方も少なくないかと思います。しかし、私は、セラミック矯正という治療法を聞いたことがありません。そこで、歯科用語辞典で調べてみたのですが、セラミック矯正に関する記載はありませんでした。
 仕方なく、ネットで調べてみると、審美歯科をやっていた一部の医療機関が、セラミックスクラウンを被せて審美性を回復させる治療をセラミック矯正と言っていることが解りました。そのような治療は昔から審美歯科として行われているもので、何も新しいものではありません。勝手に変な名前で呼ばないで欲しいものです。誤解を招きますから・・・。医学的には、セラミック矯正は矯正歯科ではありません。
本当に、困ったものです。

              


 
自費治療