歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

インプラント

 

治療を受ける前に/長所と短所/偶発症/耐久年数/治療の流れ/治療費/よくある質問

 


                                              <患者様の質問
長所と短所

インプラント治療の利点

従来の治療法(入れ歯、ブリッジ)と比べて

 

 インプラント治療は顎の骨に直接インプラント体(人工歯根)を埋め込むため、しっかりと固定された歯を作ることができ、従来の入れ歯のような不安定さ(入れ歯が動く)や違和感が少ないという利点があります。したがって自分の歯に近い感覚で物を食べることができます。
 また、ブリッジの場合、隣の歯など他の歯を削らなければなりませんでした。しかし、インプラントでは他の歯を削ることありません。

インプラント治療

健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れることができます。

 

インプラント治療の利点

取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れること ができます。

取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかり固定されますので、
通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。

インプラントによる入れ歯なら、天然の歯に近い感覚で噛めます。

自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。

噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

 

 一方、失った歯の治療法として、従来はブリッジ(架工義歯)、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかし、こうした代用物を口の中に確実に固定させるためには、隣の健康な歯を削らなければならないといった問題がありました。これは失った歯の機能を残った歯で負担するため、土台となる歯に多くの負担がかかり管理を怠ると歯を失うスピードが早まることもあります。

従来の治療法

近年、特に土台となる健康な歯を削ることに違和感を持つ方も増えてきています。そのような患者様の心理を煽り、「インプラントでないと駄目だ」と勧める歯科医が少なくありません。嘆かわしいことです

 

入れ歯やブリッジは、インプラントと異なり全ての患者様に広く適応できる現在でも重要な治療法であることには変わりありません。「インプラントでなければ駄目だ!」と焚きつける歯科医がいるそうですが、開いた口が塞がりません。
 岡永歯科では、こ
れらの治療を含め、すべての患者様のニーズに対応します。

 

 

部分入れ歯:
針金が歯に負担をかける

総入れ歯: 安定しにくい

 

 

このようにインプラント治療を行います・・・・・・・

 

入れ歯を入れ
ている場合

奥歯が抜け
ている場合

歯が1本抜け
ている場合

(インプラントで入れ歯が動くのを止めます)

(普通、入れ歯になるところを、インプラントでクラウンやブリッジにできます。)



 



 



 






 



 

 

インプラント治療の欠点

 

インプラント治療は以上のような大きな利点がありますが、欠点もあります。

インプラント治療の欠点

顎に一定の骨量が必要である。

治療に時間がかかる。(初診から最終補綴物が入るまで約3ヶ月〜12ヶ月。)

一部の病気の方・あまりに高齢で手術に耐えられない方には治療することが出来ない(糖尿病・血が止まらない方・精神病の方)

高額な自費診療である。

治療後の自己管理が必要である。

 

 インプラントは骨にインプラント体を埋め込むため一定量以上の骨が必要です。骨が無くインプラントを埋めた場合、インプラント体が十分固定されずに早期に脱落する恐れがあります。
 また、一部の全身疾患の方は、長期間に診て不成功に終わる可能性があるため、治療を受けることが出来ません。特に「重度の糖尿病・肝臓病など抵抗力が低下している方」、「出血が止まらないなど手術自体が困難な方」、「手術に耐えられないほど高齢な方」などは、インプラント治療は出来ません。
 治療が一通り終了した後は、日々の自己管理が重要になります。当科で行う歯磨き指導を日々実践して頂きます。日々の管理がうまく行かず、口の中の汚れが目立つ場合はインプラント周囲に炎症が起こり、インプラントが脱落することがあります。

 

 したがって通常の歯科治療にくらべてインプラントを長持ちさせるためには歯に関する理解と地道なメンテナンスが極めて大切であることをよくご理解ください。
 金額については症例によって大きく異なりますので、当科担当医までお気軽にご相談ください。簡単な診査の後大まかな概算をお話しさせていただきます。

 

 

インプラント治療の偶発症

 

 当院では、実際にインプラント治療をおこなうために、模型による顎堤の形態の把握や、XCT検査による解剖学的形態の精査を行い、偶発症の防止に対して細心の注意をはらっています。
 しかしながら、一般にインプラント治療時には下歯槽神経損傷による口唇の感覚麻痺・インプラント周囲組織の感染・インプラント体自体に対する金属アレルギーなどが報告されています。とて
も残念

 

なことですが、これらの障害は極めて少数ながら発現が起こりうるものと考えられます。
 もしこのような合併症が発現した場合は、その後の治療について患者さん本人とよく相談しながら誠意をもって治療させていただくこととなります。  


以上は、インプラント治療をおこなう前に是非知っておいて貰いたいことです。

 

インプラント治療の耐久年数

 
 「インプラントは、何年くらい使えるのですか?」とよく患者様に聞かれます。

 インプラントは30年以上も前から臨床に応用されています。適切な管理することで20年以上も機能しつづけているインプラントもあります。

 また、学術論文では、10年以上インプラントが機能している例は95%以上あるとの報告も有ります。
 しかし、これらすばらしい結果は患者様ご自身がインプラント治療をよく理解され、日々の自己管理を怠らなかった結果です。
 岡永歯科では、エピデンスに基づいた診断で設計段階から患者様にあったインプラントの治療を考えております。

 しかし、いったんインプラントが顎に埋まった瞬間から患者様のご協力が必要です。患者様にによる自己管理が欠かせません。

 岡永歯科では、上部構造(人工の歯)が装着されてからのフォローアッププログラムをご用意しております。定期的に受診していただければ日頃の管理の一助になります。ぜひ、ご利用ください。

 


CTの診断と限界

 
自費治療