歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

インプラント

 

治療を受ける前に/長所と短所/偶発症/耐久年数/治療の流れ/治療費/よくある質問

 


                                               <患者様の質問
インプラント治療を受ける前に



 インプラント治療は近年急速に普及し、皆様の周囲の方にもインプラント治療をされて快適な生活を送っていらっしゃる方も少なくないと思います。インプラント治療は現在多くの医療機関で行なわれ、医学的にも成功率の高い治療法として認められています。
 しかし、残念なことですが、歯科医がインプラント治療を金儲けの手段にし、トラブルが多発している現状もあります。そのため、マスコミによるインプラントパッシングでインプラントに対する信頼が失われ、「インプラントは怖い」というイメージが定着してしまいました。

 

 しかし、インプラントは、そのような怖いいい加減な治療ではないのです。そこで、岡永歯科では、国際基準の安心治療を目指し、専門医とのチーム医療を行なうことにしました。岡永歯科では、手術を大学の専門医(口腔外科・インプラントの専門医)が担当し、その後の治療を院長(噛み合わせ治療専門)が行ないます。また、CTの撮影は、放射線科の専門医が最新の機器で撮影します(メディカルサテライト八重洲クリニックに依頼します)。
 このようなチーム医療は、治療レベルの向上というメリットがある反面、「治療費を安くできない」というデメリットがあります。しかし、「治療後のトラブルがなく、快適にインプラントを使用してもらうためには、やむを得ないことかな」と考えています。


   

 


<インプラントの主な治療費

※ 大学付属病院で治療を受けた場合には、( )内の金額がかかります。
@ CT撮影・診断・・・・・・・・・・・・・2万円前後(80,000円前後)
A インプラント手術・・・・・・・・・・・25万円(262,500円)
B インプラント体上の人工歯・・・5万〜15万円(120,750円〜194,250円)
C 必要に応じて行われる手術・・骨形成術 5万円など


 当科で行われているインプラント治療についてご理解いただき、長く快適にインプラントを使っていただけるように切に希望いたします。

 

インプラント10年保障
当院では安心してインプラントの手術を受けていただくため、ガイドデント認定医院としてインプラント治療の長期品質保証をしております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

ガイドデント認定医院とは?
90以上にもおよぶ審査項目からなるスコアリングシステムにより評価を受け、 一定水準以上のインプラント治療を遂行する能力を有することを、国内唯一の第三者保証機関である株式会社ガイドデントから認証された適格歯科医療機関のことです(詳細は、ここをクリック!)。

 

※ インプラント手術を担当してくれる専門医

   秋元善次 先生

     略歴 平成6年   東京歯科大学卒業

         平成11年  東京歯科大学大学院歯学研究科(口腔外科学専攻)終了 

                  博士(歯学)を東京歯科大学より授与

         平成11年  東京歯科大学千葉病院口腔外科助手

         平成12年  東京歯科大学水道橋病院口腔外科助手

         平成16年  日本口腔外科学会より口腔外科専門医に認定

         平成18年  東京歯科大学口腔健康臨床科学講座非常勤講師

 
 インプラントとは?

インプラントとは?

 インプラントとはチタンなど生体適合性の高い人工物(人工歯根)を歯の代わりに顎の骨に埋め込み、それを土台として歯を作ったり、入れ歯を固定することにより歯の機能を回復させる治療法です。

 現在、歯科用インプラント(人工歯根)は、多くの種類があります。したがって、インプラントの話をするには、何の種類のインプラントであるかを明確にしなくてはいけません。
 岡永歯科では「 SWISS PLUS インプラント」を第一選択として採用しています( 必要に応じて、2回法のScrew-Vent インプラントを用いることもあります)。
 SWISS PLUS
インプラントは様々な理論と臨床例、学術的背景に裏打ちされたインプラントシステムです。

岡永歯科の第一選択インプラントは、 SWISS PLUS インプラントです。

 


SWISS PLUS インプラントシステムとは?

@身体にやさしい

純チタン製なので生体親和性に優れており、安心です。

A世界中で使用

ハーバード大学、ベルリン大学を始めとした世界的に有名な大学で今なお研究が続けられており、その確実性は世界的に認められています。

B手術は1

患者さんの痛みをできるだけ軽減させるために手術は1回法を導入しています。


 

インプラントの仕組み

 

 

オガ・インプラント

 

 岡永歯科では、以前、オガ・インプラントを行なっていました。オガ・インプラントは、手術がいらず、経済的なため、希望する患者様が多かったのですが、適応症の選択が難しく、患者様の要求に充分に応えられないケースが多々ありました。そこで、現在では、殆ど行なっていません。
 別にオガ・インプラントがダメだと言っているのではありません。適応症さえ選べば、オガ・インプラントで大げさな手術なしにインプラント治療を行なうことができます。オガ・インプラントは、手術が不要な1回法のインプラントで、次のような特徴を持っています。

1

手術が不要…歯ぐきを切る手術が不要で、麻酔下で上から埋め込むだけなので、簡単に短時間で終わります。

2

治療や治療後の痛みが少ない…手術が不要なので、外科的なダメージが少なく、治療や治療中の痛みはほとんどありません。麻酔をするときにチクッとする程度です。

3

1回法を採用…骨の中にインプラントを埋め込むと同時に歯を植える1回法で、すぐに仮歯などが入り、審美面の回復が図れます。

4

すぐに食事ができる…治療後すぐに仮歯などで食事ができます。普通の固い食事でも食べられます。

5

高い信頼性…1961年以来、 45年間の長い臨床経験を持つインプラントで、改良が重ねられた信頼性の高いシステムです。

6

回復が容易…経過が悪くて治療をやり直す場合でも、簡単に外すことができ、2ヵ月後には再治療ができます。

7

高い経済性…器材も術式も簡単で、特別な設備がいらないので、治療費が安く済みます

※オガ・インプラントにかかる治療費
@CT撮影・診断・・・・・・・・・・・・・・・2万円前後
Aインプラント価格などの材料・・・1本につき3万円
Bインプラント体上の人工歯・・・・・515万円

 

 上の写真を見ればお分かりだと思いますが、オガ・インプラントは外形 4.0ミリのスパイラルでネジ山が高さ 0.8ミリで、主軸の太さが2.4ミリであるため、その細さ故、奥歯に用いる場合には、複数インプラントを植える必要があります。
 しかし、それがオガ・インプラントの長所でもあります。大臼歯の根が1本だけダメになり、抜かなければならないケースを考えてみましょう。多くの場合、隣の歯も削ってブリッジにするところですが、オガ・インプラントを用いることでその歯に冠を被せるだけで済みます。オガ・インプランントはこのようなケースに向いています。。
 また、オガ・インプラントは、骨の幅が3.0ミリあればインプラントが可能です。 骨の幅が充分になくて他のインプラントが植えられない場合でも、オガ・インプラントで対応できる場合があります。


 CTの診断と限界

 
自費治療