歯科クリニック独自の保証であれば、当該クリニックの壁を超えて保証することは、一般的には難しいといえるでしょう。 転勤や高齢化に伴う転居等の懸念がある場合にはライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるフレキシブルな保証を準備しておく必要があります。

このインプラント10年保証は、全国の主要都市にある認定会員で「保証書」が有効となる業界唯一のインプラント保証。 ご希望により、転居先等の認定会員で保証が継承できます。※ご利用条件がございます。

*他の認定会員で再治療を行うためには、ガイドデントの承諾が必要となります。
再治療のみならず、定期メンテナンス受診時にも再治療ネットワークがご利用いただけます。

 

【出所】※1国立社会保障人口問題研究所 「第6回人口移動調査」 ※2総務省統計局 統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-

10年にもおよぶ長期保証の場合、甚大な災害による医療施設の被災や医師の高齢化による執刀不能など、歯科クリニックも様々なリスクにさらされています。
インプラント10年保証は、これまでの院内保証とは異なる「第三者関与のしくみ」を導入することで保証の安全性そのものを高める工夫をしています。
日本国外へのリスク分散・移転等も、10年間途切れることのないインプラント保証をご提供する工夫の1つです。

保険外治療(自費診療)の増大に伴い、歯科治療をめぐる患者さまとのトラブルも年々増加傾向にあります。
インプラント10年保証は、第三者である公平・中立な保証機関が関与することで、保証事故に対する適正かつ迅速な審判も期待できます。 万が一のトラブルにも、スムーズなお手続きとすみやかな再治療をお約束いたします。

インプラント10年保証は、国内外の第三者保証機関の保証資力と再治療ネットワークを基盤に、認定会員がインプラント治療の品質を10年間にわたり保証するものです。
万が一、認定会員に不測の事態が生じた場合でも、当該会員にかわって、保証機関が全国の認定会員を通じて再治療を行いますので、ご安心ください。
一見すると複雑なシステムに思われるかもしれませんが、基本的なしくみは、「認定会員(適格歯科医療機関)が保証者となり、保証規約に基づき、患者さま(被保証者)を保証する。」いたってシンプルなインプラント保証です。