カイロプラクティック

岡永歯科・口腔外科センター

カイロプラクティックカイロプラクティックを併用した顎関節症治療
 
 

 歯科とカイロプラクティック      

 

「歯科とカイロプラクティック、何が関係あるのか?」と疑問に思われる方も多いかもしれません。現在の日本には、カイロプラクティックに関する公的な資格が存在しないため、カイロプラクティックに対する正しい情報がなかなか得られません。それ故、不安に感じられるかもしれません。
 カイロプラクティックは、アメリカにおいてダニエル・D・パーマーによって1897年に始められました。「万病のもとは脊柱の異常からくる」という古代医術の考え方を近代医学的に検証し、脊椎矯正を始めました。日本では、「あんま指圧マッサージ・針灸・カイロプラクティック」と列記した治療院の看板が多いので、カイロプラクティックを東洋医学のひとつと勘違いしている方もいますが、違います。
 ところで、最近、長坂斉先生のセミナーを受講し、改めて歯科とカイロプラクティックの関係を認識させられました。長坂先生によれば、「歯のかみ合わせが悪くなると、頭痛、肩こり、腰痛などの他に、耳鳴り、難聴、めまい、立ちくらみなどの耳症状がよく見られる」そうです。
 それらの症状は、上部頚椎に歪みがある場合に見られる症状でもあります。カイロプラクティックの始まりも、耳が聞こえない患者の治療でした。ダニエル・D・パーマーは、自分のもとで働いている男性が「背中の障害とともに耳の障害が始まった」ことを聞いていました。そこで、患者の背中を診たところ、脊椎の一部が盛り上っていたので、それをもとに戻したところ、背中の痛みが去り、聴覚も戻ってきました。これが、カイロプラクティックの始まりです。
 また、歯科とカイロプラクティックの深い関係を示す事例は、他にもあります。グゼイは、1952年に下顎の運動が、頚椎の正中環軸関節を中心に行なわれるというQuadrant理論を発表しています。それによると、下顎運動がスムーズに動かない、あるいはかみ合わせが誤っている場合、噛む力のすべてが運動の中心に作用し、頚椎に力を及ぼします。下顎の運動システムは、下顎に対する頭蓋骨そして頚椎、この3つの構成要素のすべてが含まれ、それらの協調運動なのです。
 日本では、カイロプラクティックに関する公的な資格がないため、研究が遅れています。日本のカイロプラクティックのレベルは、惨憺たるものです。
アメリカでは、カイロプラクターは国家資格です。顎関節症患者に対して、歯科医の他、カイロプラクターやカウンセラーなどによるチーム医療体制ができあがっています。


<カイロプラクティックの実際>

カイロプラクティックには、ストレート・カイロプラクティックとミックス・カイロプラクティックの2つがあります。
 ストレート・カイロプラクティックは、脊椎の歪みのみを治療します。症状に合わせた治療もしないし、病気・病状は診ません。主として、上部頚椎のみを治療します。
 それに対して、ミックス・カイロプラクティックは、患者の訴える症状や病気に合わせて他の療法も併用して総合的な治療をします。例えば、軟部組織テクニックというリラクゼーション・テクニックやストレッチ、物理療法などを併用し、筋肉をリラックスさせながら治療します。
 私、岡永覚が学び、行なっているカイロプラクティックは、ミックス・カイロプラクティックです。

顎関節症       いびき       食べる機能

 
                      リハビリゴルフ

COPYRIGHT (c) OKANAGA Dental clinic. All rights reserved.