歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


  

ネット上の書き込みを削除されて逆恨み!

 
  ネットがらみの「男性刺殺事件」、ついにここまで来てしましましたか。2018年6月24日(日)20時前後、福岡県福岡市の旧大名小学校跡地でインターネットセキュリティー会社スタッフの岡本顕一郎さん(41歳)が背中を刃物で刺されて病院に搬送されました。そして、その後、死亡が確認されました。「インターネット上で岡本顕一郎さんに罵られて恨みを持っていたMさん(42歳)が刺殺した」可能性が浮上しています。とても恐ろしい世の中になってしまったものです。
 岡本顕一郎さんは、インターネット上でHagex(ハゲックス)というハンドルネームでブログ「Hagex-day info」を書いていたそうです。そのブログに非難中傷の書き込みを繰り返していたのがMさんです。ブログ内では、岡本顕一郎さんにMさんは「低能先生」と罵られていました(決め台詞が「低能」であることから皮肉を込めて「低能先生」とあだ名を付けられたそうです)。
 今回の事件は、「ネット荒らしをライフワークにしている低能先生が、荒らしを一蹴されて活動の場を潰されたと一方的に恨みを募らせて岡本顕一郎さんを殺害したようです。
Hagexが自信のブログに「6月24日に福岡でネットウォッチの勉強会をやる」旨の告示があるのを見て、低能先生は同勉強会に参加しました。そして、本人か否かを確認して、勉強会が終わってからHagexをトイレで殺害しました。20時前後のことです。
 犯人は、すぐさま自転車で逃げましたが、24時前後に警察に出頭しています。実は、犯人は、自転車で逃亡してから警察に出頭する3〜4時間の間にインターネットブログに記事を投稿しており、犯行声明をしていた可能性が浮上しています。犯人しか分かりえない表現や情報があるとされており、無関係な者がいたずらで記事を更新したようには思えない内容だそうです。

             


                                                                                        PAGETOP