「疑似4チャンネル化?」         

<疑似4チャンネルステレオサウンドの勧め>

ドルビー5.1チャンネルステレオサラウンドは臨場感に優れ、DVDの映画ではすっかりお馴染みになりました。ドルビー5.1チャンネルステレオは、フロントとリアに2個ずつ、センタースピーカーを1個を追加して5個として、低音専用のウーハーを0.1と数えて5.1チャンネルと数えるものです。当然のことですが、ドルビー5.1チャンネルのサラウンドを忠実に再生するには専用のアンプが必要で、気軽には出来るものではありません。

その点、疑似4チャンネルサラウンドは、専用の設備を使わずに同じようなサラウンドを体感できます。あくまでも疑似的なサラウンドですが、驚くほどの臨場感が体感できると思います。

<2チャンネルステレオが4チャンネルステレオに大変身>

方法は、すごく簡単です。まず、2チャンネルステレオアンプとリア用のスピーカー2個を用意してください。そして、下図のように配線してみてください。左右をフロント・スピーカーを結線しているアンプ端子の「+極」のみに結線し、その繋いだ2本のコードはリアに伸ばします。コードの両端は同じく、双方のリアスピーカーの+端子にのみ結線します。そして、リア・スピーカー同志の−端子を結線します。

         

「これで大丈夫?」と思われるかもしれませんが、とりあえず配線してみてください。ちゃんと音はでます。出てくる音は、センターが消された左右だけのモノラル音です。その音がフロント左右を強調することになり、臨場感として耳に伝わるというものです。右の音はより右に、左の音はより左に、そして後方からも聞こえてくるので音の広がりが得られます。

興味ある方は、試してみては如何でしょうか?
   

PAGETOP