「オーディオ今昔物語」         

<アナログとデジタル>

私が学生だった頃、少しはオーディオに興味がありました。もちろん、その頃はアナログの時代で、レコードが主流でした。当時のオーディオは、レコード盤に刻まれた信号をレコードプレーヤーの針で読み取り、アンプで増幅してスピーカーを鳴らす仕組みのものでした。

 ➡アナログ➡ 
     レコード                   アンプ・スピーカー

今では、すっかりCDの時代になり、レコードを目にする機会が減りました。CDは、マイクロホンのアナログ信号をデジタルに変換して録音しています。言い換えると、CDのデータは、デジタル信号の形で保存されています。その為、再生して音楽を聴くには、デジタル信号をアナログに変換しなければなりません。

 ➡デジタルをアナログに変換➡ 
    CD                           アンプ・スピーカー

したがって、アナログも 、デジタルも、アナログ信号をアンプで増幅してスピーカーを鳴らしているのことに変わりはありません。

<デジタルオーディオは、音が悪い?>

音楽CDは、CD-DAと言う企画に沿った形式でデジタル化され、録音されています。その音質は、リニアPCM方式のサンプリング周波数44.1kHz、16bitトと決められています。
よく、「レコードでは聞こえるのにCDでは聞こえない音がある?」と言う方がいらっしゃいますが、もっと細かくデジタル化すれば改善すると思います。最近は、ハイレゾ音源がいろいろと出ているので、興味ある方は試してみては如何でしょうか。ただし、ハイレゾ対応の機器で聴かないと駄目ですが。
「良い音を聴こうと思うのならば、総合的にレベルアップしなければならない!」のは、今も昔も変わらないようです。良い音を楽しむには、それ相当のお金がかかるのです。
   

PAGETOP