「還暦間際の年男」            岡永 覚

<掲載紙>

      千葉歯報2019年2月号

<掲載内容>

 今、「いすみ」と言う曲を聴いています。仮面女子といすみ鉄道とのコラボ曲です。いすみ鉄道は、今でも国鉄時代のジーゼルが走り、鉄道オタクに人気があります。子供の頃にジーゼルに乗って館山に海水浴に行ったのを思いだします。鯨の解体ショウを見ました。懐かしいです。
 仮面女子と言えば、ステージダイブです。近年、男性ロックバンド顔負けな激しいライブをする娘が増えました。女性の時代ですね。そのような経緯でライブ中のモッシュやダイブについて調べました。ロック少年だった中高生時代や今流行っている曲を聴きました。そのお陰で夢中になってDJ機器を買ってしまいました。
 今やDJもデジタルの時代で、レコードを使いませんよ。レコードプレーヤーがないクラブさえあります。オーディオの概念も変わりました。秋葉原も変わりました。
 干支も5巡して還暦ともなると、世の中も変わるでしょう。今度のオリンピックが楽しみです。


                          

PAGETOP