歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


小児歯科とは       子供のお口の病気    最新のむし歯治療
むし歯予防        レーザー手術       口内炎の治療

小児歯科

患者様の質問 

    レーザー手術 

image001

 

岡永歯科では、レーザーを用いた小手術を行っています。ここでは、小児歯科で頻度が高い小帯切除術と開窓術の2症例を紹介します。

● 小帯切除術

 前歯の小帯が大きすぎると、前歯の歯並びが悪くなることがあります。下の写真は上唇小帯が大きすぎて、開咬になっています。このような症例に、小帯切除術がよく用いられます。

image004image006

<上唇小帯切除術例>

レーザーによる切開

image013骨膜上の剥離(菱形の創面に)

image014一部縫合

image015術後1週目


● 開窓術

なかなか萌出してこない歯に対して、被っている歯肉を除去して萌出しやくする手術です。

<開窓術例>

image016術前image017術前のレントゲンimage018術中(レーザー照射)
image019術直後image02019日後(歯が萌出してきています)