歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


小児歯科とは       子供のお口の病気    最新のむし歯治療
むし歯予防        レーザー手術       口内炎の治療

小児歯科

患者様の質問 

 むし歯予防

image001


よく、むし歯の治療が怖くて歯科医院に来られないという歯科治療恐怖症の患者さんから相談を受けます。しかし、その場合、むしろむし歯を放置してひどくするよりも、予防した方が良いのではないでしょうか。
そこで、岡永歯科では、そのような患者様に対して、フッ素やシーラントなどのむし歯予防をお勧めしています。


    フッ素塗布


フッ素塗布は、歯科医師や歯科衛生士が行います。フッ素を塗る時期も、「歯が生えたらすぐに」が原則ですが、具体的に「いつ、どのように塗るか」は、歯科医師に相談します。

子供の頃は、次々と乳歯が抜け、新しい永久歯が生えてくるので、定期的に年2〜6回くらい塗るのが適当です。

下の写真は、歯ブラシでゲル状のフッ素を塗っています。歯ブラシのため、不安感が少なく、短時間で済むので、特に幼児に向いています。

            image004

その他に、フッ素溶液で綿球を使った塗布法が多く用いられています。

フッ素を塗ると、歯が黒くなるという声もありますが、むし歯予防にフッ素液で歯が黒くなることはありません。歯が黒くなるのは、むし歯の進行を止めるために用いるサホライド(フッ化ジアンミン銀)という液を使った場合です。

    シーラント


フッ素塗布に、シーラントを併用すると効果的です。初期のむし歯(奥歯)を選択してシーラントを行います。

image007   image009



悩み相談