歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 

       

 

 

格安インプラントの落とし穴?

 

 

 

治療費の相場は?

東京23区、千葉県の治療費を、ネット上で調べてみました。

※ 表示価格は最低料金(税込み)です。お口の中の状況や使用するインプラント

、人 工歯冠などによって、多少の変動がある場合がございます。


●インプラント

    相場
   250,000円〜300,000円

金額  件数  モード 中央値   岡永歯科
100,000円未満  0件      
100,000円以上150,000円未満  2件      
150,000円以上200,000円未満  5件      
 200,000円以上250,000円未満  2件      
250,000円以上300,000円未満  7件  ●  ●  
300,000円以上350,000円未満  4件      ●
 350,000円以上400,000円未満 0件      
 400,000円以上450,000円未満  1件      
450,000円以上500,000円未満  2件      

 -+
     

 

 

岡永歯科の治療費

 岡永歯科では、手術は口腔外科医が、そして人工歯冠はかみ合わせ治療専門の歯科医が担当しています。このように、複数の専門の歯科医が総合的に患者様を診ることで、安心して質の高い医療が受けられ

るようになります。

@   インプラント・・・300,000円〜

内訳 手術250,000円、人工歯冠50,000円〜

格安インプラントが、歯科治療被害を拡大させる?

 よく、患者様から、「岡永歯科では、20万円未満でインプラント治療をしないのですか?」と聞かれます。そのような時には、「何故、格安インプラント治療ができるのか」を説明することにしています。医療を安さのみで評価する場合、標準的なインプラント治療では避けられたはずのリスクも内在することになります。それは、ある意味で、そのような歯科医を選ぶ患者様にも責任の一端があるかもしれません。
 格安インプラントを実現するためには、技術料や設備投下、仕入れ値のいずれかをカットするしかありません。平均を大きく下回る格安インプラントを実現するためには、かなり無茶なコスト カットが裏で行われているのです。
@治療ステップを省略する?
 ある歯科医は、「お口の中には多様な感染源があるため、感染リスクはさほどの脅威とは感じていない」という考えのもと、感染対策の省略を行っているそうです。言い換えると、「いい加減な消毒・滅菌で手術をしている」と言うことです。
A信頼性より安さを優先する?
 かなりの歯科医が、信頼性の高い海外のインプラントではなく、格安の国産あるいは韓国産のインプラントを採用しているようです(同社のインプラントを大量にまとめめ買いをすることで、かなりの値引きがあるそ うです)。このような歯科医は、歯科技工所も値段だけで選ぶ傾向にあります。
 このような治療の質についてあまり考えない治療は、安かろう悪かろうになりがちです。
B治療の質を保証しない?
 ある歯科医は、1年間しか予後を保障していないそうです(岡永歯科では10年保証です)。理由ですが、インプラントが定着しないで脱落する場合、ほとんどが2〜3ヶ月以内なので、それで十分だとのことです。それで良いのですか。

 格安インプラント治療を行っている歯科医がすべてそうだとは言いませんが、安いには安いなりの理由があるのです。 このようなのいい加減な治療がインプラント治療の信頼性を失墜させ、マスコミのインプラント・パッシングを招いたのです。嘆かわしい限りです。


<関連記事>審美会ライオンズ歯科がインプラント使いまわしで倒産!

2013年7月29日の帝国データーバンクが審美会ライオンズ歯科の倒産について報じています。
審美会ライオンズ歯科(資産総額950万円、札幌市中央区南1条西4−20−5、理事長坂本洋介氏)は、2013年7月26日付けで事業を停止し、自己破産を申請しました。有名な病院であるため、当時、話題となりました。
坂本洋介氏は、審美歯科やインプラント治療の第一人者で、松田聖子の元主治医であり、日本審美歯科学会や日本アンチエイジング歯科学会の認定医理事としても知られています。そのため、審美会ライオンズ歯科は、審美歯科やインプラント治療で有名で、芸能人の患者も多く、保険外の自由診療による収益が大きかったようです。
ところが、2013年4月に一部の週刊誌で、当時のインプラント治療に関する患者と元スタッフからの告発記事が掲載されました。その記事によると、患者から抜けたインプラントの使い回しが常態化していたそうです。
その週刊誌の影響で、対外信用は失墜し、患者離れから収入は大きく落ち込み、先行きの見通しが立たなくなり、自己破産による倒産に至ったようです。
 審美歯科やインプラントなど自由診療の患者から前払金を預かっているのが気がかりです。