歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科

 

 


セールスががったセカンドオピニオン?

 最近は、患者様の権利意識が高まり、セカンドオピニオンを求めて複数の医療機関を受診する患者様が
増えました。しかし、このセカンドオピニオンが曲者なのです。ます、「セカンドオピニオンを求めた医療機関
が信用できるか否か」が重要な問題となります。(関連ページは、ここをクリック!

 私のところを受診した患者様でも、他の医療機関でセカンドオピニオンを受け、悲惨なことになった方も少
なくないのです。特に、前の歯科医の治療にケチを付けて自費治療を勧める歯科医は要注意です。

治療中の腫れた歯を診て、「抜いてインプラントにするしかない」と言われた!

 岡永歯科で治療中の歯が腫れたので、他の歯科医にセカンドオピニオンを求めた患者様がいらっしゃいまし
た。その患者様は、金属アレルギーで、その歯を何とか残してオールセラミックスクラウンで治療する予定でし
た。しかし、他の歯科医に「歯を抜いてインプラントにするしかない」と言われ、他の歯科医で治療することにな
りました。

 金属アレルギーの患者様には、チタンを含めて金属の使用を避けたいのです(チタンのアレルギーがあると、
インプラントは無理です)。また、この患者様は、噛み合わせの面でも、インプラントが難しいケースでした。

その歯を抜いてインプラントにしたら、とんでもないことになると思いますよ。

ドライマウスで入れ歯の調子が悪いのに、インプラントを勧められた!

 岡永歯科に相談にお見えになった患者様です。「入れ歯が痛くて仕方がない」と歯科医に相談したら、「インプ
ラントすれば・・・」と勧められ、手術を受けました。岡永歯科には、仮歯の状態でお見えになりました。お口の中
を拝見したら、舌にカンジダがあり、ドライマウス(口腔乾燥症)の状態でした。このような患者様に、「よくインプラ
ントをしたな」と目を疑いました。

 別に、ドライマウス(口腔乾燥症)だからと言ってインプラントが入れられない訳ではないのかもしれませんが、ド
ライマウス(口腔乾燥症)を放置したまま、インプラントの治療をするのは問題ですよ。

顎関節症で治療中なのに、インプラントを勧められた!

 岡永歯科で顎関節症の治療を受けていた患者様です。まだ、顎関節の状態が完治していない状態(スプリント
で加療中)で、他の歯科医に「インプラントを入れたら・・・」と勧められたそうです。滅茶苦茶な話です。

 別に、顎関節症だからと言ってインプラントが駄目な訳ではないですが、顎関節症が軽快する前にインプラントを
したら経過が悪いですよ。顎関節症の患者様は歯ぎしりをしていることが多いです。そのため、インプラントが噛み
合わせの過剰な負担を強いられがちで、インプラントを駄目にすることが多いのです。この患者様は、顎関節症の
治療が終了してから、岡永歯科でインプラントをしました。



関連ページは、ここをクリック!

戻る