歯科・小児歯科・カイロプラクティック・心理療法・心療歯科|市川市の歯科


     
いびきと歯科治療いびきとカイロプラクティック保険診療

 いびきとカイロプラクティック

よくある質問

 

「いびき・歯ぎしりとカイロプラクティック、何が関係あるのか?」と疑問に思われる方も多いかもしれません。岡永歯科では、歯ぎしり、顎関節症の治療に、カイロプラクティックを併用して成果を上げてきました。歯ぎしり、顎関節症の患者様を診ていると、ほとんど上部頚椎に歪みが認められます。そして、それらを治療すると、経過が良くなるのです。
            上部頚椎

現在の日本には、カイロプラクティックに関する公的な資格が存在しません。そのため、カイロプラクティックに関する正しい情報がなかなか得られず、不安に感じられることがあるかもしれません。カイロプラクティックは、アメリカにおいてダニエル・D・パーマーによって1897年に始められました。「万病のもとは脊柱の異常からくる」という古代医術の考え方を近代医学的に検証し、脊椎矯正を始めました。日本では、「あんま指圧マッサージ・針灸・カイロプラクティック」と列記した治療院の看板が多いので、カイロプラクティックを東洋医学のひとつと勘違いしている方もいますが、違います。
  ところで、睡眠時無呼吸症候群患者の頚椎を診ていると、ある共通点があります。頚部が緊張し、頚椎のストレート・ネックになっています。そして、下顎が後退し、気道が塞がれています。このような状態だと、呼吸がしにくいですよね。このような患者様にカイロプラクティックの施術を行なうと、首・肩の凝りが緩和されて楽になります。
    
睡眠時無呼吸患者のレントゲン写真
日本では、カイロプラクティックに関する公的な資格がないため、研究が遅れています。日本のカイロプラクティックのレベルは、惨憺たるものです。
アメリカでは、カイロプラクターは国家資格です。顎関節症や睡眠時無呼吸症候群の患者に対して、歯科医の他、カイロプラクターやカウンセラーなどによるチーム医療体制ができあがっています。


<カイロプラクティックの実際>

カイロプラクティックには、ストレート・カイロプラクティックとミックス・カイロプラクティックの2つがあります。ストレート・カイロプラクティックは、脊椎の歪みのみを治療します。症状に合わせた治療もしないし、病気・病状は診ません。主として、上部頚椎のみを治療します。それに対して、ミックス・カイロプラクティックは、患者の訴える症状や病気に合わせて他の療法も併用して総合的な治療をします。例えば、軟部組織テクニックというリラクゼーション・テクニックやストレッチ、物理療法などを併用し、筋肉をリラックスさせながら治療します。

  


 私、岡永覚が学び、行なっているカイロプラクティックは、ミックス・カイロプラクティックです。

 

※ いびきとカイロプラクティック

 カイロプラクティックでは、いびきの軽減を目的にサイナス・テクニックを用います。サイナス・テクニックは、副鼻腔の血液の循環を増進し、蓄膿症に効果があります。鼻の通りが良くなり、いびきの軽減が期待できます。

 


 また、高木幹市氏によれば、いびきに対して、上顎骨や口蓋骨水平板の整体法が有効です。
  
上顎骨の整体法
  口蓋骨水平板の整体法
 しかし、カイロプラクティックの分野で注目しなければならないことは、他にもあります。いびきの患者様の多くが、歯ぎしりを行なっており、首や肩が緊張しています。その為、頚椎が歪んで生理的な湾曲が消え、ストレート・ネックの状態になっています。このような状態の患者さんが、かみ合わせの問題で下顎が後退すると、下顎と頚椎に気道が圧迫され、いびきをかきやすなり、不眠症になります。 カイロプラクティックは、このような患者さんの首や肩の緊張を取り除き、リラックスさせるのに効果があります。